イベント紹介

わかはく講座「古代若狭と近江」

開催期間
2017年12月17日(日)
 若狭と近江は都と日本海をつなぐルート上に位置し、古代から人や物資の往来が盛んでした。特に、近江は壬申の乱や藤原仲麻呂の乱など、しばしば内乱の舞台となりました。また、大津宮や紫香楽宮、保良宮など、都がおかれていた場所でもあり、隣接する若狭も近江からの政治的な影響を受けていたことが考えられます。
 そこで、今回の講座では、古代の若狭と近江(特に湖西・湖北)における豪族の分布や交通路に注目し、両国の交流について解説します。

概要

開催期間 2017年12月17日(日)   13:30~15:00
会場 1階 講堂
講師 酒井健治(当館職員)
料金

聴講無料・申し込み不要

協力 福井ライフアカデミー連携事業