イベント紹介

わかはく講座「神像と本地」

開催期間
2018年4月15日(日)

奈良時代ごろから、神仏混淆によって、日本在来の神々に、その真の姿として仏尊像を当てはめる「本地」という考え方がなされました。神社にも仏閣が建立され、神体として仏像が安置されました。

このような神仏習合の姿を顕著に伝えるのが「本地仏」であり、若狭にも具体的な尊像が数例遺されています。本講座では、代表的な天台宗系の本地思想の比叡山や山王社を素材に、諸例にみられる神仏混合の姿を解説します。

概要

開催期間 2018年4月15日(日)   13:30~15:00
会場 1階 講堂
講師 芝田 寿朗(当館職員)
料金

聴講無料・申し込み不要

協力 福井ライフアカデミー連携事業