展示紹介

エントランス展示「井田家所蔵古写真にみる若狭の雪景色」

 全国的に記録的な暖冬と報じられていますが、当館のまわりでも雪化粧する日は、今のところ数えるほどしかありません。(小浜市の2016年1月の降雪量は合計23cmで、平年比-55cmでした。)  
 そこで今回は、明治末から昭和30年代にかけて活躍した小浜在住の写真師・井田米蔵氏(1887~1968)が撮影した写真の中から、小浜市内を中心とした雪景を紹介します。

 米蔵氏は、小浜で写真館を経営するかたわら、若狭各地の風景や風俗、名所旧跡、祭礼行事などを精力的にカメラにおさめました。当館では現在、井田家からの寄託資料として、約4000枚の写真原板を保管しています。今回紹介する写真も含め、これらの大半は、米蔵氏によって撮影されたものと考えられます。  

 雪が降り積もり、この季節ならではの表情を見せる若狭各地の光景や、往時の人びとの暮らしぶりが切り取られた17点の写真を通して、若狭の冬を来館者のみなさまに感じていただくひとときとなれば幸いです。

概要

展示期間 2016年2月21日(日) ~ 2016年3月15日(火)
展示場所 1階エントランスホール
料金

エントランス展示は無料でご覧いただけます。(2階展示室は有料です。)