展示紹介

日本遺産認定記念 テーマ展「木札に託されたメッセージ」

 私たちの周りには文字を記した木札があちこちで使われています。紙やプラスチックがあふれる現代社会で、いまだに木が使われているのは何故でしょうか。それは木が持つ便利さや見た目の美しさにほかなりません。
 本展では、古代の荷札から現代の看板にいたるまで、時を超えて使われたさまざまな木札を展示することで、人々が何故木に文字を記してきたのか、どんなメッセージを込めたのかを紹介します。

概要

展示期間 2016年3月26日(土) ~ 2016年5月15日(日)
展示場所 企画展示室
料金

常設展示料金でご覧になれます。
一般・大学生/300円
高校生以下・満70歳以上・障害者手帳等をお持ちの方/無料
有料の方が20名以上の団体は1人240円です。
年齢がわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。

開館時間

9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
会期中の休館日:3月28日(月)、4月11日(月)、4月25日(月)

みどころ

<イベント>
郷土史講座「木簡からみた御食国・若狭」
講師:舘野 和己 先生(奈良女子大学教授)
日時:5月15日(日)13時半~15時
場所:当館 講堂
※聴講無料

展示資料

都への貢進物につけられた荷札(複製。原品は奈良時代 奈良文化財研究所所蔵)

都への貢進物につけられた荷札(複製。原品は奈良時代 奈良文化財研究所所蔵)

母親の追善供養のための寄進札 羽賀寺所蔵

母親の追善供養のための寄進札 羽賀寺所蔵

船往来の手形 川藤家所蔵

船往来の手形 川藤家所蔵