展示紹介

特集展示「若狭と丹後をつなぐもの」

平城宮・京跡出土木簡(複製、当館所蔵)
平城宮・京跡出土木簡(複製、当館所蔵)

若狭は、古くから奈良や京都との交流が行われ、海産物や塩を納めた「御食国(みけつくに)」と考えられています。そして、若狭湾に面した地域、とくに丹後(京都府北部)を中心とする北近畿との往来も盛んでした。近年の発掘調査でも、丹後地域などの影響を受けたことがわかってきています。本展では、古代を中心に若狭と丹後の人・モノの交流を示す資料を紹介します。 

概要

展示期間 2017年2月11日(土) ~ 2017年4月 9日(日)
料金
一 般 300円
高校生以下・70歳以上 無料

※障害者手帳等をお持ちの方は無料
※有料者20名以上の団体は2割引
※常設展観覧料でご覧いただけます。
開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)


休館日:2月13日(月)、27日(月)
     3月13日(月)、21日(火)、27日(月)