展示紹介

エントランス展示「おくるほとけ、まつるほとけ ~若狭の仏教民俗~」

精霊船(美浜町菅浜)
精霊船(美浜町菅浜)

多くの仏像が伝わる地域として全国的に知られる若狭ですが、現代のわたしたちが仏像を眼にすることができるのは、何世紀にもわたって若狭の人びとが大切に守り、祀ってきたからに他なりません。

本展示では、いわゆる「仏像」と称される如来や菩薩などの姿をかたどった像だけでなく、お盆の期間に迎えられ、送られる祖先の霊なども含めて〈ほとけ〉と総称し、若狭に伝わる〈ほとけ〉をめぐる民俗行事などの事例を通して、有形だけでなく無形の文化財の中にも、若狭の人びとが〈ほとけ〉との間に築いてきた豊かな世界があることを知っていただく機会となれば幸いです。

概要

展示期間 2017年10月 7日(土) ~ 2017年12月10日(日)
展示場所 1階 エントランス
料金

無料

※2階展示室の観覧には、別途入館料が必要です。

開館時間

午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分)


※会期中の休館日・・・10月30日(月)、11月13日(月)・27日(月)

展示資料

オオガセ(おおい町福谷)

オオガセ(おおい町福谷)

地蔵盆(若狭町玉置)

地蔵盆(若狭町玉置)