イベント紹介

特別展記念講演「金色の餝と技 ~日本美術の装飾意識~」

開催期間
2020年11月15日(日)

 工芸はもちろん、彫刻・絵画・書跡に至るまで、日本美術の眼目は餝(かざり)にあったと言っても過言ではありません。中でも金をもちいた餝は、文字どおり見る人の目を意識したものでした。
 本講演では
古代・中世・近世の代表作を通して、金色の餝意識の変遷と、土台となる技術の諸相をご紹介します。講師には福井県の文化財保護審議委員でもある、京都国立博物館名誉館員の久保智康氏をお招きします。

本講座は申込み制です。聴講をご希望される方は
 電 話:0770-56-0525 または
 メール:wakahaku■snow.ocn.ne.jp
    (■をアットマークに置き換えて送信ください)
まで、その旨ご連絡ください。
メールの場合は、希望者の氏名・連絡先を必ず明記ください。
定員は25名、受付は先着順です。定員に達し次第締め切りますのでご了承ください。
 ※10月23日・11月9日は休館のため、電話での申込みはできません

定員となったため、受付を終了いたしました。

概要

開催期間 2020年11月15日(日)   13:30~15:00
会場 講堂
講師 久保智康氏(京都国立博物館名誉館員・福井県文化財保護審議委員会委員)
定員 25名
料金

聴講無料・要申込み

イベント紹介

googleストリートビューにて館内公開中!