展示紹介

ミニ展「若狭路の獅子頭」

久保区獅子舞 獅子頭
久保区獅子舞 獅子頭

 若狭路(福井県嶺南地方)では、「獅子」あるいは「獅子舞」と呼ばれる民俗芸能が多数行なわれていますが、そこで使用される獅子頭は、黒い獅子頭・赤い獅子頭・鳥の羽根でおおわれた獅子頭の3種類に大別されます。
 本展では、3種類の獅子頭それぞれの特色や、それらを用いる獅子舞の歴史などについて解説します。若狭路の獅子舞や獅子頭に関して、理解を深める機会になれば幸いです。また関連行事として、わかはく講座「若狭路の獅子舞と獅子頭」も開催します。
講座の案内はこちら↓
https://wakahaku.pref.fukui.lg.jp/event/detail/post-431.php

[展示品一覧]
 ・廣嶺神社獅子頭(鎌倉時代・廣嶺神社所蔵)
 ・八幡神社獅子頭(室町時代・八幡神社所蔵/当館保管)
 ・石按比古比売神社獅子頭(複製・当館蔵)
   ※原品は安政2年(1855)・石按比古比売神社所蔵
 ・能登神社獅子頭(旧)
   (元文5年・能登神社所蔵/若狭三方縄文博物館保管)
 ・久保区獅子舞 獅子頭
   (文政4年・おおい町久保区所蔵/おおい町立郷土史料館保管)
 ・雲浜獅子獅子頭(若獅子)(当館蔵)
   ※原品は明治40年・小浜市一番町区所蔵

概要

展示期間 2019年1月19日(土) ~ 2019年3月17日(日)
展示場所 2階 企画展示室
料金

常設展示入館料でご覧いただけます
(常設展示入館料のご案内)

開館時間

午前9時~午後5時(最終入館:午後4時30分)


※休館日:1月28日(月)・2月12日(火)、25日(月)・3月11日(月)

展示資料

久保区獅子舞 獅子頭(文政4年・おおい町久保区所蔵/おおい町立郷土史料館保管)

久保区獅子舞 獅子頭
(文政4年・おおい町久保区所蔵/おおい町立郷土史料館保管)

廣嶺神社獅子頭(鎌倉時代・廣嶺神社所蔵)

廣嶺神社獅子頭(鎌倉時代・廣嶺神社所蔵)

展示紹介

googleストリートビューにて館内公開中!