展示紹介

エントランス展「西津七年祭」を開催!

新小松原区仁右衛門町の太刀「五人櫂」
新小松原区仁右衛門町の太刀「五人櫂」

 西津七年祭は巳年と亥年ごとに行なわれる小浜市北塩屋の宗像神社の式年祭で、今年は5月3日から5日までの3日間行われます。祭りでは氏子の小松原・新小松原の住民が、大太鼓・太刀・神楽・琵琶といった出し物(祭礼芸能)を繰り出し、各所で演技や囃子を披露します。神輿の渡御・還御の際には、これらが行列を組んで神輿に随行します。また、神輿が神社や御旅所を出御・入御する時の大音響での囃子の競演は圧巻です。
 本展では、福井県無形民俗文化財に指定されているこの西津七年祭について、当館がこれまでに撮影した写真や、前回(2013年)の映像などで紹介します。

概要

展示期間 2019年3月16日(土) ~ 2019年5月12日(日)
展示場所 1階 エントランス
料金

無料 ※2階展示室を見学する際には入館料が必要です

開館時間

午前9時~午後5時(最終入館:午後4時30分)


※会期中の休館日は3月25日(月)、4月8日(月)・22日(月)

展示資料

船霊社(弁天丸)

船霊社(弁天丸)

小松原川西区大太鼓の棒振り

小松原川西区大太鼓の棒振り

宮出し(神輿の出御)

宮出し(神輿の出御)