イベント紹介

わかはく講座「大音家文書」の魅力─若狭の海村文書が語る700年の歴史

開催期間
2021年5月16日(日)

 「大音家文書」は、若狭町神子(みこ)の大音家に伝来した約8,500点の大規模古文書群で、鎌倉から昭和までの文書を連綿と伝える海村の文書としては、類例のないものです。

 今回の講座では、海村に生きた人びとの生業と交流の営みについて、「大音家文書」を読み解きながら、700年という長い歴史のなかで位置づけていきます。

新型コロナウイルス対策のため、講師はオンラインで講演します。ご了承ください。

本講座は申込制です。申込みは5月1日から開始します。
申込みは電話と電子メールにて受付
 電 話:0770-56-0525
 メール:wakahaku◆snow.ocn.ne.jp
     ※◆を@に置き換えてください
 ※申込みは先着順です。定員に達し次第受付を終了します
 ※メールの場合は氏名・住所・連絡先をご記入ください

定員となったため、本講座の受付は終了いたしました。 

概要

開催期間 2021年5月16日(日)   13:30~15:00
会場 講堂
講師 春田直紀氏(熊本大学大学院 教授)
定員 25名
料金

聴講無料・要申込

イベント紹介

googleストリートビューにて館内公開中!