展示紹介

常高寺・高成寺の韋駄天像を特別公開!

韋駄天像(常高寺、一部)
韋駄天像(常高寺、一部)

 若狭歴史博物館では、若狭地域の仏像を広く紹介するため、定期的に仏像の展示替えを行っています。今回は、常高寺(小浜市小浜浅間)および高成寺(小浜市青井)の木造韋駄天立像を期間限定で公開します。

 韋駄天とは、もとはバラモン教の神さまでしたが、仏教に採り入れられ、寺院を守る護法神となりました。走るのが速く、鬼が舎利(釈迦の骨)を盗んだ際に、追いかけて取り戻したという話があります。そのような話から、韋駄天は足の速い人のたとえにされ、非常に速く走ることを「韋駄天走り」と言います。また、韋駄天を祀ると食事に困らないともいわれ、主に禅宗寺院の庫裏や僧坊に安置されることが多い仏像です。

概要

展示期間 2019年1月24日(木) ~ 2019年2月24日(日)
展示場所 2階 常設展示室1 若狭のみほとけ
料金

常設展示入館料でご覧いただけます
(常設展示入館料のご案内)

開館時間

午前9時~午後5時(最終入館:午後4時30分)


※会期中の休館日は1月28日(月)・2月12日(火)です

展示資料

韋駄天像(常高寺)

韋駄天像(常高寺)

韋駄天像(高成寺)

韋駄天像(高成寺)