展示紹介

リニューアル5周年記念特別展「海と山の美しもの ─食がつなぐ若狭と都─」

『彦火火出見尊絵巻』(明通寺蔵)
『彦火火出見尊絵巻』(明通寺蔵)
開催期間
2019年10月 5日(土) ~ 2019年11月 4日(月)

 古くから都の北の玄関口であった若狭湾。若狭の海と山がおりなす豊かな食は、時代を通して、都の人々の食生活を支えてきました。
 本展では、食の歴史をたどりながら、若狭から都にどんな食材が伝えられ、どのようにして食べられていたのか、都から若狭にどのような食が伝えられたのかを紹介します。最近国宝に指定された逸品、若狭・京都に伝わる貴重な古文書やきらびやかな絵巻物などの美術品に出会える展示です。

概要

展示期間 2019年10月 5日(土) ~ 2019年11月 4日(月)
展示場所 2階 企画展示室
料金

一般:500円/高大生:400円/小中生:300円
 ※有料の方が20名以上の団体は2割引
 障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は半額

開館時間

9時~17時(最終入館:16時30分)


※会期中の休館日:10月21日(月)

展示紹介

googleストリートビューにて館内公開中!