展示紹介

木造阿弥陀如来坐像(曹福寺蔵)を特別公開!

阿弥陀如来坐像(曹福寺蔵)
阿弥陀如来坐像(曹福寺蔵)

 若狭歴史博物館では若狭地域の仏像を広く紹介するため、定期的に展示替えを行っています。今回は、若狭町神谷(こうだん)にある曹福寺(そうふくじ)の阿弥陀如来坐像を期間限定で公開します。

 本像は曹福寺本堂の本尊として安置される阿弥陀如来坐像で、両手を腹前で定印(じょういん)に組み、左足を上にして結跏趺坐(けっかふざ)する姿です。
 像高は82.7cm、ヒノキの寄木造で、丸く盛り上がる肉髻(にっけい、頭の上の隆起した部分)や、小粒に刻まれた螺髪(らほつ、粒状の髪の毛)、穏やかな表情、薄く滑らかな衣などの特徴から、平安時代後期の制作と考えられます。

概要

展示期間 2019年4月13日(土) ~ 2019年6月 2日(日)
展示場所 2階 常設展示室1 若狭のみほとけ
料金

常設展示入館料でご覧いただけます
(常設展示入館料のご案内)

開館時間

9時~17時(最終入館:16時30分)


※会期中の休館日は4月22日(月)、5月13日(月)・27日(月)

展示資料

阿弥陀如来坐像(曹福寺蔵)

阿弥陀如来坐像(曹福寺蔵)

展示紹介

googleストリートビューにて館内公開中!