展示紹介

エントランス展「高浜七年祭」を開催!

浜で暴れる3基の神輿(2013年撮影)
浜で暴れる3基の神輿(2013年撮影)

 高浜七年祭は、高浜町宮崎の佐伎治(さきち)神社の式年大祭で、巳年・亥年の6月卯の日から酉の日までの7日間にわたって行われます。今年は6月23日から6月29日までの7日間にわたって行われ、三基の神輿が氏子区域を遊幸し、太刀振・お田植・神楽・曳山などの芸能が各所で披露されます。期間の長さや規模の大きさ、芸能の多彩さなど若狭地方最大の夏祭りで、福井県無形民俗文化財に指定されています。
 荒々しく暴れ回る神輿、鍛え上げられた若者が激しく素早い動きで見事な立ち回りを見せる太刀振(たちふり)、子供が可愛い踊りを披露する曳山など、様々な表情をもち多彩な見所のある高浜七年祭について、当館がこれまでに撮影した写真や映像などで紹介します。
 本展をご覧いただき、実際の祭り見学や、祭りの理解のため、お役立ていただければ幸いです。

概要

展示期間 2019年5月14日(火) ~ 2019年7月 7日(日)
展示場所 1階 エントランス
料金

無料 ※2階展示室を見学する際には入館料が必要です

開館時間

午前9時~午後5時(最終入館:午後4時30分)


※会期中の休館日は5月27日(月)、6月3日(月)~14日(金)・24日(月)

展示資料

太刀振の見事な立ち回り(2013年撮影)

太刀振の見事な立ち回り(2013年撮影)

曳山での子供の踊り(2013年撮影)

曳山での子供の踊り(2013年撮影)

浜で暴れる3基の神輿(2013年撮影)

浜で暴れる3基の神輿(2013年撮影)

展示紹介

googleストリートビューにて館内公開中!