展示紹介

特別公開「河原林文書 豊臣秀吉と若狭・近江の道」を開催!

羽柴秀吉判物
羽柴秀吉判物

 7月21日に開催するわかはく講座「若狭の海と京への道」との連動企画として、豊臣秀吉とその家臣・浅野長吉が発給した古文書(河原林文書)を公開します。
 これらの古文書は天正年間後期(1583~86年ごろ)に作成されたものです。若狭から近江(現在の滋賀県)へ向かう商人から通行税を徴収することを禁止したり、今津の港に対して特権を認めたりする内容で、当時の政権が若狭から近江・京都方面への物流を掌握する様子がよくわかる史料です。
 わかはく講座と併せて見学することで、当時の「鯖街道」をめぐる状況をよりよく知ることができます。

概要

展示期間 2019年6月27日(木) ~ 2019年7月28日(日)
展示場所 2階 企画展示室
開館時間

午前9時~午後5時(最終入館:午後4時30分)


※会期中の休館日は7月8日(月)

協力 本展示はライフアカデミー連携事業です

展示資料

浅野長吉書状

浅野長吉書状

展示紹介

googleストリートビューにて館内公開中!