展示紹介

鳥浜貝塚発見60周年記念特別展 森と出会った縄文人~人と植物の歴史の始まり~

クリ製容器(当館蔵)
クリ製容器(当館蔵)
開催期間
2021年10月16日(土) ~ 2021年11月28日(日)

今から約1万5千年前、縄文時代が始まった頃のこと。日本列島の植生は、氷期の寒冷な気候に育つ木々から、より温暖な気候に育つ木々の森へと大きく変化しました。それからおよそ9千年の間、鳥浜の地に遺跡を残した人々は、移りゆく環境の中、植物とどのようにかかわったのでしょうか。現代人もおどろきの植物利用の様子を紹介します。

【関連行事】
記念講演会Ⅰ「トリハマ人はスーパーナチュラリスト!」
10月30日(土) 13時30分~15時
講師:鈴木三男氏(東北大学名誉教授)
詳細はこちら ※情報は随時更新

記念講演会Ⅱ「対馬暖流ベルト地帯と縄文農耕関連具の出現」
11月13日(土) 13時30分~15時
講師:幸泉満夫氏(愛媛大学准教授)
詳細はこちら ※情報は随時更新

概要

展示期間 2021年10月16日(土) ~ 2021年11月28日(日)
展示場所 企画展示室
料金

一般:500円/高大生:300円/小中生:150円
 ※障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は半額

開館時間

9時~17時(最終入館:16時30分)


※会期中の休館日:10月25日(月)、11月8日(月)・22日(月)

展示資料

トチノキ製漆塗容器(当館蔵)

トチノキ製漆塗容器(当館蔵)

リョウメンシダ製縄(当館蔵)

リョウメンシダ製縄(当館蔵)

ニシキギ製漆塗弓

ニシキギ製漆塗弓

展示紹介

googleストリートビューにて館内公開中!