展示紹介

テーマ展「遠敷と水送り」

若狭彦姫神社上棟儀式道具<br />(江戸時代)
若狭彦姫神社上棟儀式道具
(江戸時代)
開催期間
2015年2月 7日(土) ~ 2015年3月 8日(日)

 毎年3月2日は、小浜市遠敷にある神宮寺にて関西に春を告げる行事「お水送り」が行われます。奈良の東大寺の二月堂で行われる「お水取り」に先がけて、小浜市遠敷にある「鵜の瀬」から水を送るという伝統的な神事です。
 今回の展示では、その送水伝説に関連する資料や写真などを通して、若狭のお水送りの歴史をご紹介します。

概要

展示期間 2015年2月 7日(土) ~ 2015年3月 8日(日)
展示場所 2階企画展示室
料金

常設展 一般/300円
高校生以下・70歳以上・身障者手帳等をお持ちの方/無料
テーマ展は常設展料金でご覧になれます
20名以上は団体1人240円です
年齢がわかるもの、身障者手帳等をご提示ください
チケットは入館時にご購入ください

開館時間

9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

みどころ

 遠敷の「鵜の瀬」では、古くから3月2日の深夜に奈良に水が流れていくと信じられ、同月12日夜には奈良の「若狭井」から若狭の水が汲まれ、香水として二月堂本尊に供えられてきました。
 今回は、送水伝説の一端を示す資料とともに、関係する遺物や景観写真を展示し、若狭と奈良の歴史ある関係を紹介いたします。

展示資料

若狭彦姫神社上棟儀式道具(江戸時代)

若狭彦姫神社上棟儀式道具(江戸時代)

根来道にあった地蔵堂の本尊(江戸時代)

根来道にあった地蔵堂の本尊(江戸時代)

神宮寺出土古代瓦(奈良時代)

神宮寺出土古代瓦(奈良時代)

小浜の銘酒「鵜の瀬」の酒器(昭和時代)

小浜の銘酒「鵜の瀬」の酒器(昭和時代)