展示紹介

特集展示「金屋鋳物師」

 鉄の加工方法には、「鍛冶」と「鋳物」があります。「鍛冶」は熱した鉄をたたいて鍛え、形づくるものであるのに対し、「鋳物」は鉄を熱して溶かし、型に入れて冷やし固めて作る製法です。

 若狭でも、小浜市金屋では、中世より近代まで鋳物集団が数々の作品を残しており、その道具「金屋鋳物師用具」500点余りが、小浜市指定文化財となっています。今回は、その鋳物用具の一部を公開します。

概要

展示期間 2017年1月 3日(火) ~ 2017年1月22日(日)
開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)


*休館日:1月10日(火)